スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

165 Nikonバッシング in China

昨日、カメラメーカーNikonが中国で、製品不具合を理由に叩かれているというニュースが流れてました。


論調的には、中国特有の日本バッシングの一環という報道振りでしたが、このD600、カメラ好きの間ではかなり有名な欠陥商品でした。



製造工程で発生するダストが、デジカメの心臓部のイメージセンサーに付着し、撮影した画像に写り込みます。


写真の赤マルのところです。




こんなのPhotoshopでパパッと消せば良いと言われるかも知れませんが撮った写真全てに写り込みますから、消費者としてはたまったものではありません。

2012年9月に発売して、直ぐに不具合報告があったにも関わらず、使用環境によるものして対策せず、結果大量に欠陥商品を世に送り出しました。

流石に耐えきれず昨年2月頃に、クリーニング方法の説明とクレームをつけた場合は無償修理を打ち出しましたが、ここでも、欠陥商品と認めることはありませんでした。

そして、2013年10月対策品を新商品として、D610の名前で発売します。

一連の対応の悪さは、Nikonファンをがっかりさせたことでしょう(~_~;)

中国のバッシングも今更感はありますが、Nikonにとって、今回のバッシングは自業自得と思ってしまいます。


幸い私はD600を買わなくて済みました^_^

Nikonも反省して頑張って欲しいと思います。


追記 このバッシングを受けて、D600のイメージセンサーのクリーニングは永久無償になったそうです。

D600買いかな(^^;;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラアイル様

こんばんは!

桑田圭祐の歌で真夜中のダンディってありますよね。その歌の一節に下のようなものがあります。

愛と平和を歌う世代がくれたものは
身を守るのと知らぬそぶりと悪魔の魂
隣の空は灰色なのに 幸せならば顔をそむけてる


まさにこれですかね。経営陣は責任回避のタメに意地でも過失を認めない。本来ユーザーの立場に立ってみなければいけない問題を、自分の出世進退の問題に履き違え、自分の無能さを垂れ流しています。

今の株主のご機嫌ばかりを意識した大手の経営手法は、正しいか間違っているかではなく、大嫌いです。本当につまらない世の中になってしまいましたね。

もう一度同じ曲から抜粋。ホントこんなのくだらないですね。ニコン?死んでも買いません(笑)でもTZ40は買います。ではまた^^

俺はしがらみ抱いてあこぎな搾取の中に
生まれたことを口惜んだ時にゃ
背広の中に金銭があふれてた



えーす様

おはようございます。

先日きむー!様の仕事哲学的記事がアップされ、仕事への愚痴を書いた記事をボツにしたんです。

あるネットの記事なのですが、『リーマンにとって出世とは、仕事が出来ることではない!評価者である上司に評価される仕事をする人間が出世するのである!』
出世が出来ないリーマンはそこを勘違いしていると(´Д` )

これは上場企業の経営者にも当てはまるのでしょう。
彼らは上司に評価される仕事をやり続けて出世をした人達。上辺では顧客志向といいますが、根本のパーソナリティの部分では顧客なんて見て仕事をしていないのでしょう。

えーす様のような独立経営者は、社員の生活まで背負って日々奮闘されていることでしょうが、リーマン経営者にそのような哲学は期待出来ないのでしょうね。

今日は真面目なトーンですいません。

えーす様

おっと!

コンデジ買われますか^_^
ディスコンになりましたが、新型は高級路線に価格帯が移行したので、在庫探すのが賢明です。

買ったら、王冠透かしにチャレンジですね^_^

トライアル君

お疲れッス~!

おっと、世界のNikonでもこんなことがあったんだ…

オレはカメラのことについては全くのアウトサイダーなんだけど、こういった事実を知ってしまうと、そのメーカーに対する不信感ってのは増幅されてしまうよね。

幸い、オレの愛機はCanonとRICOH製なので、今後も両社には真摯な企業経営&顧客対応を願いたいよね。

そういえば、タカゴン様の愛機もNikonだったような・・・

さいもんさん

こんばんは!

本当に酷いのは、知っていて告知せず、売り続けたことですね。
発生確率がどれほどかは分かりませんが、かなりの率で発生していたようです。

本当に真摯な対応が望まれます。
Nikonは好きなので頑張れ!
main_line
main_line
プロフィール

トライアル

Author:トライアル
ロレックスが大好きな人が集まるブログを目指して頑張ってます。
ロレックス以外にも、子供やタイガースなどの話題もちょくちょく登場しますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
959位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時計
32位
アクセスランキングを見る>>
来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。